不動産投資をするなら現金と融資のどっちがいい?

銀行に預金しているだけではお金が増えない現在では資産運用をする社会人は多く不動産投資というのもかなり注目されています。

ただ不動産投資をする場合、その元となる不動産の購入をどうするのか。
これが大きな問題点になります。

現金で一括購入するべきか?融資を受けて購入するほうがいいのか?
どちらのほうがお得になるのでしょうか?

融資を受けて不動産購入するほうがおすすめ⁈

単純に私の意見を言えば、融資を受けて不動産購入をするほうがおすすめです。
理由は資産以上の不動産購入が出来るから。

それに不動産投資をするなら、その建物を賃貸に出して家賃収入が期待できます。
この家賃が投資の返済金額を上回れば実質自己資金無しで不動産購入をすることに。

例えば預金として500万円ある場合、この金額で購入できる不動産での投資ではそれほど大きな家賃収入を期待は出来ません。

でも500万円を担保に5,000万円の物件を購入できれば、その家賃収入にはかなりの期待ができると思います。

5,000万円の返済金額にローンの場合は利息も付きますが、毎月の返済金額よりも家賃収入が高ければ何も問題はありません。

融資を受ける場合は、この様に自己資金より高い融資ができる、いわゆるレバレッジを効かせた融資が出来るようになります。

融資を受けることのデメリットもある

一方で融資を受けて不動産投資をする場合にもデメリットがあります。
まずは現金購入と違って購入完了までに時間がかかります。

支払いが終わるまでは融資を受けた金融機関の所持不動産という扱いなので
自分のものになるまでに時間がかかるということになります。

それと不動産の場合、現金購入での割引などかなり大きな物があります。
当然融資を受ける場合にはその割引はありません。

安く購入できることはないですし、融資の場合は金利もあるので最終的な
購入金額は高くなるということに。

ローン返済ではこの金利がかなり大きな負担になる、という可能性もあります。

空き部屋リスクは常に考える必要がある

融資での不動産投資をする場合、基本的にかなり安定した家賃収入があるという条件がつくと思います。

その理由は投資物件の家賃がいつも満額になるということはない、ということも考えなくてはいけないからです。

賃貸の場合はいわゆる「空き部屋リスク」という、家賃収入が見込めない空き部屋が多くなると不動産投資がマイナス利益になるからです。

いつでも満室で、家賃収入だけで不動産購入の返済金額が支払える、という状況がずっと続くなら問題はないのですが・・・

一時的な空き部屋リスクを支えることが出来る、基本的な収入があるという方にはおすすめできる方法だと思います。

まあ空き部屋リスクを回避することをいつでも考えることがとても重要なのですが。

現金購入のメリットは購入が早いこと

では現金での一括購入で投資の不動産を購入する場合のメリットも考えてみます。
こちらは基本的に融資の逆、という印象です。

一括購入なので契約が終わればその不動産は購入者のものです。
業者によっては現金一括購入でかなりの割引も期待することが出来ます。

それに一括購入なのでローン金利がなく、不動産購入のお得感だけを考えると
現金購入のほうが高いと思います。

そして現金購入のデメリットも基本的には融資を受ける場合と全く逆のことが
言える、ということになります。

現金購入は自分の資産が減る

現金での不動産融資の物件購入の場合、当然ですが自分が用意できる資金以上の金額の物件を購入することは出来ません。

5,000万円の物件を購入しようと思ったら、当然5,000万円の資金を貯めてから購入ということになります。

融資購入のようなレバレッジを効かせた不動産投資は出来ない、ということです。

そしてよほどの資産家でもない限り、いきなり5,000万円の不動産を現金で購入ということは出来ません。

今の時代で普通のサラリーマンが5,000万円を貯蓄してから購入すると考えると何年かかるか・・・

一般的にはかなりハードルの高い方法、という印象です。

現金購入では手元の資産が減る、というのが最大のリスク

現金での不動産投資を考えると、手元の資産が減ってしまうというのが
かなり大きなリスクに感じます。

確かに融資を受ける場合の金利を考えると、購入金額が高くなるのですが
手元の資産が減らないという魅力はあります。

そして現金購入した場合、不動産融資でなにか問題が合った場合の対応に必要な資産が手元に残らないというとても危険な状態になります。

仕事をしながら副業で不動産投資をする、と考えるとやはり現金購入というのはちょっと厳しいと思います。

不動産投資はメリットの多い副業

空き部屋リスクさえ管理できれば、不労所得として毎月家賃収入が期待できます。
しかも融資を受ける場合は生命保険への加入も出来ます。

投資用ローンでも住宅ローンと同じように団体信用生命保険への加入が出来ます。
万が一のときにローンのない不動産を家族に残すということになります。

融資が受けられるなら、最初の資金は少なくても大丈夫ですし、その資金を減らさずに不動産投資が出来るという魅力もあります。

この様な理由から不動産投資をするなら融資を受けることを、私はおすすめします。

融資.netの最新情報をお届けします